副作用

マカの有効成分

マカは、鉄や亜鉛といったミネラル、ビタミンB1・B2・B6・B12、リノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸、酵素、9種類の必須アミノ酸を含むアミノ酸、カルシウム、ヨード、炭水化物、さらにホルモン、アルカロイド、サポニン、アントシアニンなど、まさにスーパーフードと呼ばれるほど多種多様な成分を含んでいます。
マカの有効成分の特長は、成分を単体で摂取しても通常はその大半が排出されますが、マカの有効成分は不足している分が確実に体内に吸収されることです。
しかも、マカにはホルモンバランスを調整する成分が含まれており、乱れたホルモンバランスを正常な状態に調整する働きがあります。

マカの男性に有効な成分だけが注目を集めがちですが、ホルモンバランスのデリケートな女性の体をサポートする有効成分が多量に含まれているのです。
マカの有効成分で忘れてはいけないのが、アルギニンです。
近年はだれでもが知るところですが、マカにはアルギニンという活力増強、精力増強効果のある成分が含まれています。

アルギニンは精子生成や血流改善などの内分泌腺の活動を活発化させる働きを持っており、これによって活力・精力が増強されると考えられています。
アルギニンは単体で摂取しても大きな効果は期待できません。
しかし、マカには必須アミノ酸が含まれており、それと同時に摂取することで効果を高めるのです。

▼マカの男性不妊・女性不妊に対する効果についてはこちら

このページの先頭へ