副作用

マカは摂りすぎると効かなくなるか?

「マカを摂りすぎると効かなくなる」といったことはありません。
マカを飲めば、劇的ではありませんがしだいに体の不具合が改善・回復されてきます。
しかし、いくら不具合が改善・回復されるといっても際限なくそうなるわけではなく、限度があるのです。

効かなくなるということではなく不具合が一定のレベルまで改善・改善されたということであって、それ以上いくら摂取してもマカの効果を実感できるほど比例して不具合が改善されたり回復されたりするのではないのです。
効果を実感できなくなってから摂り続けると、マカのさまざまな有効成分はつぎつぎと体外へ排出されるだけになります。
マカは魔法の薬ではないのですから、体力の衰えた50歳代の人がマカを飲み続ければ一般的な50歳代のような体力まではスムーズに改善できます。

しかし、マカを飲み続ければ30歳代のころのような強い体力を再び取り戻せるということではないのです。
こうしたことは医薬品でも同様です。
風邪の熱を冷ますために飲む薬は服用する人の平熱まで熱を下げてくれますが、薬を飲み続ければ限度なく熱を下げるわけではありません。
平熱になっても薬を飲み続けても、薬が効かなくなったのではなく平熱の状態では効果を実感することができないのです。
マカを摂る方法は主に粉末タイプとサプリメントタイプ・ドリンクタイプがあります。
http://www.loveagain.jp/にそれぞれの製品タイプの特徴がまとめられていますので参考にして、自分に合いそうなタイプから始めてみてください。

このページの先頭へ