副作用

マカのホルモンに対する働き

マカのホルモンに対する働きを一言で表現すると、「減少した性ホルモンの分泌を促して、乱れたホルモンバランスを調整する」といえます。
マカは男性ホルモン・女性ホルモンのいずれにも働きかけ、バランスを整えることでさまざまな作用を発揮します。
マカのホルモンに対するこの働きを、男性ホルモンと女性ホルモンに分けて見てみましょう。

まず、男性ホルモン対する働きです。
マカには、男性ホルモンのバランスを正常化する効果を発揮します。
代表的な男性ホルモンであるテストステロンとジヒドロテストステロンのバランスを調整するのです。

年齢とともに減少するテストステロンの分泌を促して精力増強や滋養強壮を回復させ、ジヒドロテストステロンの分泌を抑制して抜け毛・薄毛対策や前立腺肥大の予防などに対して効果的に働きます。
一方、女性ホルモン対する働きです。
マカには女性ホルモンに似た働きがある植物エストロゲンという成分が含まれていて、何らかの要因で減少してしまった女性ホルモンを補うとともにホルモンバランスを調整する働きがあります。
こうしたマカの効果が、女性ホルモンが減少してホルモンバランスが崩れることで発症する更年期障害や冷え性、生理不順や不妊症などに有効に働くことで症状の緩和につながるのです。
実際にマカによって不妊症を改善できた女性の体験談がhttp://www.guyver.jp/m0006.htmlにあります。
この方のようにマカによって女性特有の悩みを緩和・改善できた方は多くいますので、是非あなたも試してみてください。
女性に対するマカのはたらきについてはこちらのサイトでも詳しく解説されていますのでご覧ください。

このページの先頭へ