副作用

不妊治療とマカの関係

不妊症の原因は、ともすると女性にだけ求めがちですが男性にもあります。
男性の原因として代表的なものは「性交障害」「精管通過障害」「精子の異常」、女性の原因として代表的なものは「排卵障害」「卵管障害」「受精卵子宮着床障害」などです。
こうした不妊症の治療には、マカが持っている次の2つの効果が有効に働くと考えられています。

1つは、マカのホルモンバランス調整作用です。
女性の不妊症の多くが、ホルモンバランスの乱れに原因しています。
マカに含まれている豊富なミネラルや必須アミノ酸といった有効成分は、成長ホルモンやエストロゲンなどのホルモンを生成するとともに、ホルモン分泌が過剰な場合は分泌を制御してホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体にしてくれるのです。

他の1つは、マカに豊富に含まれているリジンとアルギニンというアミノ酸の生殖機能活性化と精力増強作用です。
女性がリジンやアルギニンを十分に摂取すると、生殖機能を活性化して妊娠しやすい体の環境が整えられます。
特にリジンには、女性ホルモンの生殖機能を成熟させるエストロゲンの分泌を促進する働きもあります。
アルギニンは精巣機能を活発にして精子を増殖させ、天然のバイアグラと呼ばれるほど高い精力増強の効果を発揮するのです。
マカを摂取することで、男女ともに妊娠への期待と可能性が高まると言うことができるでしょう。

マカが男性にもたらす効果と女性にもたらす効果がそれぞれこちらに詳しく解説されています。
以前は、男性のためのものというイメージが強かったですが、現在は女性に対しても嬉しいはたらきがたくさんあるということがわかり、多くの女性たちから支持されています。

このページの先頭へ