副作用

マカはどんな味?

マカは南米のペルーで食材として利用されてきた、野菜に分類される食べ物です。
気になる味は日本の一般的な野菜とは異なる独特なもので、わずかな甘味と苦味があります。
極端に苦いとかマズいとかいった味ではないのですが、マカ特有のニオイもあります。

マカの味自体にはたしかに苦味はありますが、むしろ淡白と言える程度のものですし、独特な臭いといっても、焦がした感じのものです。
味の表現として一番近いのは、「焦げたきな粉のような味」とでもいえばいいかもしれません。

マカを食べた経験のある人や、マカ100%粉末をそのまま口にした人に味をたずねると、
「きな粉みたい」「香ばしい」「飲めないほどの味ではない」といった感想や
「焦げくさい」「苦い」「甘酸っぱい」「二度と口にしたくない」といった感想が述べられます。

味覚の好き嫌いは人それぞれ違いますから、人によっては甘みがあって美味しいという人や美味しいとは思わないまでも問題なく口にできる人もいます。
しかし、「マカの味が好き」という人だけは極端に少ないのが事実です。

マカはカプセルや錠剤、粉末の状態で摂取できるようになっています。
粉末の場合は、味を感じることがないようにオブラートを使用したり、牛乳やジュースなどの飲み物に混ぜたりして摂取する人、カレーやスープなど料理に使って摂取する人が多いようです。
他にも飲みやすいマカのお茶というのもあるそうです。

このページの先頭へ