副作用

マカとアレルギーの関係

マカには副作用は少ないとされていますが、アレルギーについては摂取する人の体質が大いに関係してきますので「アレルギー反応を引き起こすことはない」と言い切ることはできません。
食べ物でアレルギー反応が引き起こされるというケースは珍しくはありませんがマカも食物の一種ですから、同じようにアレルギー反応が出る可能性は十分にあり得ます。
マカとアレルギーの関係については、サントリー(株)ワイン&スピリッツ商品開発研究所がマカのアレルギーを軽減する作用とそのメカニズムについての研究報告があります。

2004年に日本薬学会で発表されたこの報告によれば、『マカには抗アレルギー薬・クロモグリク酸と同等の活性があることを動物細胞実験により発見した』とされています。
これだけ読めば、マカには抗アレルギー作用があるのだからアレルギーの心配をしなくてもいいように考えてしまいますが、あくまでも動物実験での研究発表でありその後の研究報告を目にすることができないことから、これだけではマカのアレルギーの心配を払拭することはできません。
これまで、マカによる深刻なアレルギー反応についての報告はありませんが、一般の食品同様にアレルギー反応を引き起こす可能性があることを前提にして摂取した方が良いのではないでしょうか。
なお、万一アレルギー反応のような症状が発生した場合にはマカの摂取を中止するとともに、医師への相談やメーカーへの報告をおすすめします。
マカの製品タイプは大きく分けて粉末タイプ・サプリメント・ドリンクの三種類があります。
この中でも特に人気なのはサプリメントタイプでしょう。
サプリメントタイプは忙しい方や味が苦手な方でも手軽に摂れて、続けやすいというメリットがあります。
粉末タイプはhttp://copa-puppets.org/sextusyuhouhou.htmlで紹介されているような料理に混ぜて摂ると良いそうです。


このページの先頭へ