副作用

マカと相性の良いハーブは?

結論からいいますと、マカと相性の良いハーブは「トンカットアリ」です。
トンカットアリはニガキ科の低木で、マレーシアやボルネオなど東南アジアの熱帯雨林に自生している薬用植物です。
成長には時間がかかり、10年かけてやっと直径15cm程度の太さの幹に育ちます。

特定の現地住民しか自生している場所を知らないことや栽培が難しいことから、入手することが難しい植物です。
根の部分には精子量増加、精力増強、筋肉量増加などに有効な成分を含んでおり、これを粉々にしたうえで煎じて飲むと、男性機能の向上に効果があると言われています。
マカと同様な効果を期待されるトンカットアリがなぜマカと相性が良いかといえば、それは、相互補完による相乗効果を期待できるからです。

マカには男性ホルモンを分泌する成分は含まれていませんが、トンカットアリには男性ホルモンのテストロステンが含まれています。
マカにはアルギニン・アミノ酸や亜鉛などのミネラル・ビタミン群など生殖機能に必要な成分が含まれていますが、トンカットアリには少量で、主な効能は男性ホルモンの分泌の促進です。
この2つを同時摂取すれば持っていない栄養成分を補い合えるので完璧に近い栄養バランスが作り出され、より確実で大きな効果を得ることができると考えられるのです。
他にもマカと相性の良い成分があるようなので、詳しくはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ