副作用

マカとは

マカ(Maca)は南米ペルーに生育しているアブラナ科の多年生植物で、根は薬用ハーブとして利用されます。
このマカが自生や栽培されているのはアンデス地方の標高4000mから5000mにも及ぶ高地で、年間の平均気温は7℃以下の環境です。
世界遺産の富士山よりも高地ですから、空気は薄く紫外線が降り続けるような厳しい環境で育ちます。

マカはもともとチベットの北東部の高地に自生していた植物で、今から2,000年くらい前に高地で生活していたチベット族の手で南米ペルーに持ち込まれたと考えられています。
精力増強や滋養強壮などに大きな効果があることから、インカ帝国の時代には、王族などのごく限られた特権階級の人々の食物として重宝されていたと伝えられています。
日本では、精力増強や滋養強壮の成分としてサプリメントを利用してマカを摂取するのが一般的ですが、現地アンデス地方の人々は、食材としてマカの円錐形の根を焼き芋のように丸ごと焼いたり、野菜炒めとして料理したりして普通に食しています。

また、自然乾燥させたマカは煮込み料理やスープ、マカチーチャという発酵飲料、植物性ハーブの栄養剤などに幅広く利用されています。
なお、日本におけるマカの登場は、1997年にペルーの日系法人が健康食品として紹介したことにはじまります。
その翌年、当時ペルーの大統領であったアルベルト・フジモリ氏が来日したときに『インカ帝国時代からの秘薬』としてマカを紹介したことから注目をあびはじめました。
マカはサプリメントで摂ることが一般的であり、人気です。
こちらのマカサプリメントのランキングサイトのようなサイトが数多く存在しているので、いくつかのランキングサイトを参考にして気になる商品を試してみてください。


このページの先頭へ